FAQ

公開日時
2016/04/26 00:00:00

事業承継は早めに準備を始めた方がよいのはわかりますが、いつから準備すればよいのでしょうか?

閲覧数
229

一般的には事業承継のタイミングの10年前から準備をするのが望ましいと言われています。

経営者30年周期というものがあります。一人の経営者が経営する期間を30年として見る考え方ですが、そこの事業承継の期間を重ねて考えると、
30年のうち最初の10年は、先代の経営者に習いながら経営者の準備をする10年、
次の10年は、自らの力で会社を発展させる10年、
最後の10年は、後継者を育てる10年、という考え方です。

また、事業承継の準備には、
・後継者の選択・決定
・後継者の育成
・従業員の理解
・株式等権限の整理・集約
・取引先等の理解
・会社の企業価値を上げる
などがあり、しっかりと事業承継をしていくためには、数年をかけてじっくりと進めていくべきものなのです。

具体的やり方については、個別の会社によって異なりますので別途お問合せください。

当該コンテンツは,担当コンサルタントの分析・調査に基づき作成されております。

回答者
大川原 基剛(後継者の学校)