基礎知識

現状把握のプロセス

現状把握で行うこと

  • まず、事業承継について必要性を認識して、全体像を把握することから始めます。
  • そのうえで以下のようなプロセスで現状把握をし、事業承継の形態を模索していきます。
自社の環境整備をする。

まず、現状把握をするために、書類の整理など環境整備をして、どこに何があるのか見えるようにします。
具体的には、以下のようなことをします。

  • 不良在庫など要らないものを捨てる
  • 書類の整理・整頓やファイリングをする
  • 商品・備品・倉庫の整理・整頓をする
自社の現状把握をする。

次に、整理した環境の中で徹底的に現状把握をしていきます。
現状把握は、大きくは自社の隠れた問題を明らかにし、自社の価値と可能性を明らかにするために行います。
現状把握は、デューデリジェンスとも言います。

具体的には、3つの視点で実態を把握していきます。

□ 財務の実態把握
実態BS・実態PL・資金繰り・個人との貸借等について実態を把握します。
□ 法務の実態把握
株式・契約・許認可・コンプライアンス・紛争等の状況について実態を把握します。
□ 事業の実態把握
市場環境・顧客・商品・競合・SWOT分析等について実態を把握します。
自社の磨き上げをする。

現状把握を徹底的にしたら、自社の磨き上げを行います。
自社の磨き上げを行うことで、企業価値が向上し事業承継が円滑に進むようになります。
例えば、後継者が継ぎやすい企業になりますし、事業売却の際には買い手が見つかりやすくなります。また、後継者がいない場合に他人に渡したくないからと候補者が手をあげることがあります。
具体的には、以下のようなことをして自社の価値を高めます。

  • 業務の改善・無駄な経費支出を削減する。
  • 貸借対照表のスリム化(資産の処分)をする。
  • 自社の強みを認識し、より強化する。
  • 勝ち戦のできる事業に選択と集中を行う。
  • 業務の権限委譲を進める。
  • 公私を分ける。(資産の貸借・車・交際費)
  • 社内規程・マニュアル・各種書類を整備する。
  • コンプライアンスを徹底する。
事業承継の形態すべての可能性を探る。

自社の磨き上げをすることで、事業承継の選択肢が増えていきますが、その選択肢すべての可能性を探ります。
選択肢として以下のようなものがあります。

  • 息子・娘への承継
  • 親族への承継
  • 従業員・役員への承継
  • 第三者への承継
  • 社会への承継
どの形態が望ましいか仮決定する。(複数)

すべての事業承継の可能性を探ったうえで、企業にとって最も望ましい形態を検討し、仮決定をします。
後継者がいる場合でも、その他の可能性を探って望ましい形態を検討します。

仮決定した複数の形態を同時に進めていく。

そして、一つに絞らずに複数の形態を同時並行で進めて検討していきます。

当該コンテンツは、「株式会社後継者の学校」の分析・調査に基づき作成されております。